結露対策について

結露を解消してスッキリ快適

 

結露が発生する気温と湿度

ポイントは露点温度!

結露とは、固体状態における物質の表面、または内部で、空気中の水蒸気が凝縮する現象のことです。
例えば室内の湿度が60%で温度が20℃だった場合、露点温度は12℃になります。よって、この状況下(湿度60%/温度20℃)で室内の窓の表面または壁の内部の温度がが12℃以下になった場合に結露が発生します。

 

室内の露点温度表

 

 

快適に結露を軽減するカギは、室内窓の表面温度(露点温度)にあり

上の表からもわかるように、理論上では室内の湿度か温度を下げる事で窓の結露を軽減する事ができます。しかし、それだけでは決して快適な状態とはいえず、また健康に影響を及ぼす恐れもあります。

では、部屋の快適さを保ちつつ結露を軽減するにはどうすれば良いのでしょうか?
答えは、室内窓の表面温度を下げない事です。

 

 

どっちがいいの? 内窓設置・ガラス交換徹底比較

内窓設置とガラス交換はどちらも室内側窓のガラス表面温度を下げる事が可能です。
しかし、内窓設置とガラス交換では、それぞれメリット・デメリットが異なります。

ガラス交換の場合、見た目をほとんど変える事なく工事ができます。内窓のように窓を2回開けるような手間もかかりません。
それに対し内窓は、木目を含む様々な色から選べるので部屋の模様替えにもなります。またガラスの枠(障子)に断熱性のある樹脂サッシを使用するため、ガラス回りの結露も軽減できます。

 

デメリットとして、ガラス交換はガラスを2重にする事が前提のため、重さが2倍以上になります。重さが増すことで窓の開け閉めがしにくくなり、戸車が傷みやすくなります。
内窓設置の場合は、内側にもう一枚の窓を設置するので窓を複数回開け閉めする手間がかかります。

 

ガラス交換と内窓設置のメリット・デメリット比較

 

上記は一概にどちらがおすすめとはいえず、窓の使用頻度・設置状況・方角等によっても適した工事方法が変わってきます。

 

お悩みの際は、ガラス&窓マニアである私どもに是非ご相談ください。
現地にお伺いし、プロの目で状況を見極めた上で最適な工事方法をご提案させていただきます!

 

 

内窓設置(断熱内窓、インナーサッシ、二重窓)

 

内窓の構造 インプラス

 

内窓とは、サッシの内側に取付ける樹脂製の窓の事で、既存の窓に取付ける事が出来ます。新しい窓(内窓)から生まれる新しい空気層が室外と室内をしっかり隔てる構造になり、大きな断熱効果で外気温の影響を受けにくくし、結露の発生を抑えます。断熱性能以外にも機密性能、遮音性能を高める事ができ、結露の軽減につながります。

 

メーカー別の内窓製品 インプラス プラマードU

 

サッシ・ガラスメーカーから様々な内窓が販売されてます。メーカーによる断熱性能の差はあまりありませんが、内窓に使用するガラスの種類によって効果は変化します。

 

たくさんあってどの製品を選べば良いかわからない…という場合は、お気軽に窓・サッシ&ガラスマニアの私どもにご相談下さい!
お悩みの状況や住宅環境を考慮した上で、おすすめのプランをご提案させていただきます!!

 

また、さくら住建では、メーカーとの直接取引により「インプラス」「プラマードU」格安価格を実現しております!是非、他社と比べてみてください!納得の価格でご提供いたします!

 

インプラスのページはコチラプラマードUのページはコチラ価格表はコチラ

 

ガラス交換(ペアガラス、真空ガラス)

ガラスの種類は様々ですが、大きく2つに分類する事ができます。新築用とリフォーム用です。
新築の場合は、あらかじめペアガラスが入る事を想定してガラスを入れる溝を大きくとったサッシを使います。しかし、一昔前ではペアガラスを想定してなかったので、溝の狭いサッシが使われている事が多いです。

 

建築業界では、一昔前の溝の狭いサッシ向けの2重ガラスをリフォーム用・取り換え用ガラスと呼びます。仕組みは、アルミ製のアタッチメントを取付けてペアガラスを入れる方法です。しかし、シングルガラス用に設計されたサッシですので厚みが薄くなっている為、空気層を半分の6ミリを標準としています。それでも、網戸に干渉(擦れる)する可能が高い上に、通常のペアガラス(空気層12ミリ)より性能が約15%もダウンしてしまいます。

 

~ガラスメーカーの戦い~
そこで各社ガラスメーカーがより薄く・断熱性のあるガラスの開発をして来ました。大きな特徴があるのが、日本板硝子の「スペーシア」です。スペーシアは空気層を0.2ミリの真空にしました。魔法瓶と同じ原理です。真空層を作る事により「伝導」と「対流」を防ぎ、内側に特殊金属膜を設ける事により「放射」を抑えています。空気層を極限的に薄くすることによってアタッチメントも必要ありません。しかし高度な技術が必要なために、価格も高くなっているのがデメリットになっています。

 

同じく日本を代表するガラスメーカー旭硝子が開発したガラスは空気層に断熱性の高いアルゴンガスを注入しスペーシアと同じく特殊金属膜を設けたガラスペヤプラスです。この商品はスペーシアにほ性能がやや劣りますが、通常のペアガラスより性能はスペーシアより安価に工事が出来ます。

 

 

リフォーム用断熱ガラスの性能と価格を徹底比較!

ガラスの断熱性能を比べる為に熱貫流率(U値)を参考にします。熱還流率とは、単位面積当たりどのくらい熱が移動するかを表す数値で、少ないほど熱が抜けにくく断熱性が良いことになります。

 

インプラス ペヤプラスと断熱ガラスの比較

 

 

スペーシアのページはコチラ価格表はコチラ

 

窓のお悩みはお任せください!

無料ご相談・お見積もりはこちら

フリーダイヤル:0120-616-388

お電話でも、WEBからでもお気軽にお問い合わせください。

WEBでのお問い合わせはこちら

施工実績

窓リフォーム 施工実績はこちら

さくら住建株式会社リフォームサイトで施工実績を公開中!!

  • さくら住建 かつしかエコ助成金ご利用のご案内
  • さくら住建株式会社 本社サイト
  • さくら住建株式会社 リフォーム総合情報サイト
  • さくら住建株式会社 窓リフォーム マンションカバー工法
  • e内窓職人 さくら住建の内窓専門店
  • e玄関職人 玄関ドアのリフォーム専門店
  • さくら住建の産業用太陽光発電
  • 株式会社アルコスモ 外壁のことならおまかせください!
  • アイアイハウジング 土地・建物の売買、賃貸、仲介

お問い合わせ

お問い合わせ方法について お問い合わせはこちら

フリーダイヤル
0120-616-388
受付時間:09:00 ~ 18:00

さくら住建株式会社 葛飾営業所 ページトップへ