防音対策について

防音対策 気になる音を入れないださない

 

騒音の種類

自宅にいるにもかかわらず、いつも近所の騒音が気になる。。

住宅の環境にもよりますが、近年、防音対策を検討されている方が増えているようです。

騒音の種類には大きく分けて「空気音(D値)」「個体音(L値)」の2つがあります。
「空気音」とはその名の通り空気を伝わって伝わる音で、主に人の話し声や自動車の音、楽器の音などが該当します。

 

一方、「個体音」は物体(壁や床)が振動することで伝わる音を指し、マンションで上階の子供が走ったり飛んだりした時に「ドンドン」と響いてくる音などが該当します。

 

ここでは「空気音(D値)」の防音について紹介します。
「個体音(L値)」の防音対策でお悩みの方は、リフォーム総合サイトよりお問合せください。

 

さくら住建 リフォーム総合サイトへ

 

音の出入り口

壁から入る音は、木造住宅では断熱材、マンションなどは厚いコンクリートが防音の役目を果たしています。
しかし、窓から入る音は住宅の種類を問わずシングルガラスの場合、3ミリ~5ミリの薄いガラスでしか遮る事が出来ません。さらに、サッシのわずかな隙間からも音は入ってしまいます。
つまり、本格的な窓の防音には「サッシの隙間」「薄いガラス」から入る2種類の音を遮る事が必要なのです。

 

 

防音ガラス ソノグラス

防音ガラスの構造ガラスは音に弱い、という常識をくつがえすガラスがあります。

防音ガラスは2枚以上のガラスで特殊中間膜を挟みこんだ合わせガラスで、騒音によって起こる振動を熱に置き換え、音の波を消滅させる原理を用いたものです。

これにより、音域全体を高度な遮音性能でカバーすることができます。 さらに、室内の音が外に漏れないようにします。

 

 

 

より防音効果を高めるために内窓設置

内窓による新たな空気層 インプラス上記のとおり、防音性の高いガラスへ替えることで防音効果は高くなりますが、サッシの隙間から来る音を完全に遮る事はできません。

 

「インプラス」「プラマードU」などの気密性の高い「内窓」を設置することで隙間からの音を遮断するとともに、新しい空気層によってさらに防音性能の向上が期待できます。

 

また、内窓の設置には防音効果以外にも様々なメリットがあります。詳しくは各商品ページでご確認ください。

 

 

さくら住建株式会社では、メーカーとの直接取引による「インプラス」の格安価格が自慢です!
是非、他社と比べてください!!

 

 

インプラス のページはコチラプラマードU のページはコチラ価格表はコチラ

 

 

 

 

窓のお悩みはお任せください!

無料ご相談・お見積もりはこちら

フリーダイヤル:0120-616-388

お電話でも、WEBからでもお気軽にお問い合わせください。

WEBでのお問い合わせはこちら

施工実績

窓リフォーム 施工実績はこちら

さくら住建株式会社リフォームサイトで施工実績を公開中!!

  • さくら住建 かつしかエコ助成金ご利用のご案内
  • さくら住建株式会社 本社サイト
  • さくら住建株式会社 リフォーム総合情報サイト
  • さくら住建株式会社 窓リフォーム マンションカバー工法
  • e内窓職人 さくら住建の内窓専門店
  • e玄関職人 玄関ドアのリフォーム専門店
  • さくら住建の産業用太陽光発電
  • 株式会社アルコスモ 外壁のことならおまかせください!
  • アイアイハウジング 土地・建物の売買、賃貸、仲介

お問い合わせ

お問い合わせ方法について お問い合わせはこちら

フリーダイヤル
0120-616-388
受付時間:09:00 ~ 18:00

さくら住建株式会社 葛飾営業所 ページトップへ